ヘッドホン祭に行ってきたやつの三つ目

既にアクセス数が凄いことになっている先の記事はもうご覧になっていただきましたでしょうか。ありがとうございます。ここではちょっと写真はないのですが聞いてきたものの一部を感想とともに書いていきます。

ゼンハイザー – HD 630 VB


これ聞いてたんですよ実は。

えーとね、基本的にホントまだ発表したばかりで何も決まってないらしいです。とりあえず持ってきたんだとか。

んで、聞いてきたんですが…ちょっと駆動力足りないのかなと思って他の人にも感想聞いてみたんですが…えーと…その…ケーブルで操作出来た方が楽だし…Xperiaでも曲送りなどの操作は出来たんですが…音もね…まあ密閉でも音のバランスとかはゼンハイザーのそれなんですけどね…。多分駆動力いるヘッドホンだったんだよ。眠い感じだったしね。

やっぱりさ、あれだよ、ポータブル向けにはこれだよコレ。

DSC00604

モメンタム。祭特価16500円はかなり安いですね。オンイヤーだとちょっと耳が痛い、という人もいたので買うならこっちかなぁ。

DSC00606

アキバのサイゼで撮ったので皿映ってますが気にしないでください。見た目もいいし、これなら売れるのもわかりますね。何より音もバッチリですからね!両方を聞き比べましたけど、Z3cに使う分にはこちらが圧倒的によかったです。ま、想定されるシーンが違いますからね。多分。

、、、違うよね?

くみたてLab – KL-REF


こちら最近大人気のカスタムIEM(CIEM)メーカー、くみたてLabさんの新作になります。くみたてさんとこの中の人、とにかく若いですよねー。若手イケメンエンジニア!って感じで…奥さん、年頃の娘さんいたらお値打ちでっせ(何の話だ)

で、こちらのIEMですが特徴として低音調整機構がついてまして、お好みの音質に調整できる、というのが素晴らしいですね。結構細かく調整できるみたいです。どっかでそういうの聞いたことある?気にしない気にしない。

音質ですが…アカラとかサンカの2014年モデルの方が俺は好みでしたねえ。後低音ブーストのマックスと最低の両方を聞きましたが、低音強くしすぎると5ebを更にブーミーにしたような音が出てました。だからと言ってえびちゃんみたいな個性になっているかというと…というとこでした。なかなかにいいイヤホンにはなっていたのですが、ゆーてカスタムイヤホンなので、じっくり検討の上で購入していただきたいですね。パソコンとかちょっといいデジカメとか、買えちゃう値段ですからね。

以上ですね。他にもまだまだ聞いてきたメーカーさんいっぱいありますので順次公開していきます。それではまた次の記事でお会いしましょう。

広告

ヘッドホン祭に行ってきたやつの三つ目」への2件のフィードバック

  1. いやあ、実に興味深いですね。
    楽しいアイテムが目白押しですね。

    各社簡単に手の出せそうな価格帯でのラインナップ拡充を期待したいところです。

    うーん、なにかひとつ忘れている気がします。

    いいね

    1. 何か一つ、というのがわかればいいのですが、今回は特に収穫の多い祭りでしたね。いつものヘッドホン祭と比べても得るものが多かったと思います・

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中