音茶楽のスピンフィットとアコエフで配ってたイヤ―ピースを比較してみた

ネタが無いわけじゃなくてね?もらい忘れたから気になるって人がちらほらいたもので。せっかく手元にあるのだから感想だけでもあげておこうと思いまして。

そしてせっかくだから、これらを比較してみようと。

まずは試聴環境を書いて行って、それから感想書いて行きますね。

今回はイヤピの比較なので、さっくりと。

au iPhone 5s 64GBに直挿しでXlipsch X10とkz ed speです。先にX10で一通り書いて、次にkz、という順番です。余り詰めた構成にしても、傾向とかを比較するって話ですからねえ。

では書きます。

  • spinfit

結構綺麗に出ます。スッキリとした傾向に。奥まで入るので、耳の形をあまり選ばない仕様になってるのもいいですね。低域は量が減って代わりに締まる印象。一番高音出てるかも。

  • アコエフイヤピ

音が一段前にきますね。そして音の定位がカッチリ出てきます。あまり期待してなかったのですが、これもしや結構いいまである…?例えばDragon Nightとかだと歌い始めの最初の音がスパっと入るんですよね、結構珍しい。ところでこいつのイヤーピースの正式名称はなんていうんだろうか。あと、X10につける場合はモンスターのイヤーチップ用アダプタがわりかし必須です。ないと抜けます。

  • ついでのコンプライT100

悪くないんだけど、高域が消える感じはありますねー。まあ、いつものコンプライ。これそういうイヤピじゃねえから、で済ませてもいいかもしれませんね。低音も出てるけど立体感ある感じではないし。リスニング用って感じです。

  • これも書かないとあかんやろ、純正イヤピ

すっかり書くの忘れるとこでした。T100よは明るい、けどアコエフほど明るいキラキラした感じにはならない。音の中心が中域にあるっていう表現が近いのですかねえ…ボーカルが目立つようになる。あとなんか音が一部割れたように聞こえる。他だとそうでもないんですがなんででしょ。

というわけでX10ではこんな感じ、順番をあえてつけるなら

アコエフ≧spinfit>純正>T100 ですかねえ、個人的には。T100は長時間つけるにはいいんですが、まったりとした音になるのでX10とは相性微妙な気がしました。アコエフの妙なおさまりの良さはなんでしょうねえ。なんかしらんけどいいですよ、これ。よう知らんけど。

続いてはkz ed speで聞いてみた感想を。

  • 純正

まあデフォルトだし。いつぞやの記事で書いた通りですわ。

  • spinfit

純正よりいいんだけど()音のバランスが良く、高音が明らかに抜けるようになりましたね。気付いたら割と長い時間聞けるし。うんうん、これはいい感じです!ただ低音が緩いですね…でもこれ6ドルとかだしなあ…。音源がしっかりしていれば、結構なんとかなる感じです。音の傾向は一番下が増えますね。つまりあまり音量上げすぎるとあれです、揺れますw全体的にレンジの広がったイヤホンに仕上がるのでお勧めですね。それでいて解像度も確保されてるので。割とこれで長時間聞けるのではないでしょうか。あれこれもうデフォこれでいいんでね…

  • アコエフ

純正より明らかにいいですね。まずバランスが素晴らしい。あれ、純正ってなんだったの…でもちょいと装着させるのがきついかなあ。相変わらず低音ゆるいけどこれもうイヤホンのせいですね。後はなんですかねえ、聞きながら書いてますけどこれホントに1000円もしないイヤホンなんですかね。解像度的にはこれ以上上がらない気がしますねえ…。あとは入手性の悪さが問題ってくらい?音のバランスは若干低域が強くなる気がします。ただ超高域は相変わらずかなり強めに出るので言ってしまえばドンシャリな感じにはなります。曲がハマればブラインドテストでかなり値段帯が上のイヤホン相手にいい勝負できる感じですねえ…

コンプライは合うサイズが無かったので今回は無しです。

では感想ですが、やっぱりこれコスパおかしいですねww特にイヤピを変えた後だと相当なもんです。だから買ったんですけどね。順番を強いてあげるならば

spinfit≧アコエフ≧純正でしょうかね、特に前者二つは好みと言っていいと思います。若干純正はイコライザーがかかったような音のバランスになりますので、極端な感じの印象でした。しかしこれはこれでアリだ、という方もいるな、というレベルでしたのでこんな感じで。

というわけでいかがだったでしょうか今回の記事。今回思った以上に音が変わったのでやってみる価値はあると思います。spinfitもアコエフのイヤピもなかなか良い感じでしたので、今度はかつて名をはせたイヤチップと比べてみたいですよねえ…ただ、イヤチップってへたりが早いのでかつての性能が出ない、とかもあるので夢物語で終わりそうですね。では今回はこの辺で。

また次の記事でお会いしましょう、ちなみにこの記事書いてるときにやたらくしゃみがでてました、誰か噂してましたかね?

広告

音茶楽のスピンフィットとアコエフで配ってたイヤ―ピースを比較してみた」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中