音楽聞き放題定額制サービスをちょっと見てみた。

なんだか時事ネタにのったような記事ですが、音楽とスマホはこの筆者の取り扱い範囲の一部ということでどうか一つ。

Apple musicに前後して、日本でも音楽の定額制サービスがにわかに増えてきました。サービス自体は以前からありました。今は無きmusic Unlimitedや、コチラはいろいろ問題がありましたが世界に目を向ければナップスターがその元になるのでしょうか。

まあ、最近話題に上がるサービスは結構あります。この分野が成長の兆しがある、ということで先行者が絶対的に有利だ、ということである程度見切り発車気味に出てきてますよね。

長くなりました。それでは実際にどのサービスがいいのよ?ということで見ていきたいと思います。今回見ていくのは時間の都合上、LINE music,AWA,Apple musicの三つに絞らせていただきました。

現状では使い分けないといけない、どれか一つに絞るのは割と非現実的


いきなり結論を書いてしまいました。でもこれ悲しいかな現実です。というのもざっと見ただけですが、各サービスともに得意分野、というのがありまして、それぞれの分野に合わせてサービスを切り替えないととてもじゃないけど使いにくいです。アニソンとかならLINE musicが、JpopならAWAとLINE music、そして洋楽なら独占の曲もあるしapple music、といった具合です。

そもそも絶対数が足りない、アレやこれが無い、が当たり前なのが現状


これは使ってみたら割とすぐに思います、このアーティストはそれなりにあるけど、あれはどこ行った?なんてしょっちゅうです。メジャーレーベルですらこれなので、ちょっとマイナーな曲になると…まあご想像の通りだと思います。

各サービスで大幅に異なるUI、しかしどれも使いやすいとは言い難い


これはスクリーンショットを上げながらいきたいと思います。

2015-07-02 07.55.13

まずはAWA。渋谷のITベンチャーがサードウェーブコーヒーを飲みながらマックでドヤ顔しながら作ったようなデザイン、と勝手に思ってるのですが、港区の会社でしたね。ともあれ開いてすぐのページがこれです。使いやすいんだか使いにくいんだかよく分かりません。多分慣れれば少しは違うんでしょうか。流行がこれ、っていうのがわかるのでそれはいいんですが、この曲が聞きたい、とかあったらどうするんでしょうねこれ。一応右上からのサーチでアーティストは探せます。が、アーティストの曲全て、というわけでもなかったりするみたいです。

お次。

2015-07-02 07.56.24

まあ、こうなるな。というようなどこかで見たようなUIのLINE music。実際問題慣れてる人も多そうですしいいですよね。これで。邦楽なら割と多いですし、アニソンも探せば少しは出てきます。今のところどれか一つに絞れ、と言われたらまさかのこれかもしれないです。それでも、アーティスト別の曲一覧がほぼないと一緒で、しかもプレイリストにしないと連続再生も出来ないとか割とどうしてこんなことを?という感じになってます。

最後。

2015-07-02 07.56.34

apple musicです。もうね。何を考えてるのかな??????としか言いようがないですよね。いきなりプレイリストだけって。しかもはじめてのきゃりーぱみゅぱみゅて。ごり押しなんでしょうけどせめて顧客のライブラリくらい知ってるだろうに…筆者とか特にiTunesMatch二年目とかだし…という感じで割とお話になってないです。曲もそんなに多いわけでもないですし、メジャーな洋楽だけはそれなりにあるってとこですか。むしろマイミュージックが端に追いやられてるのが割と解せぬ。って感じで、アプリを何故分けなかったのかと非難が殺到することになりそうです。

そもそもの思想とユーザーの意識の乖離がこの現状かもしれない?


余りにも各サービスがアレなので考えてみました。そもそも音楽が定額制にになってユーザーが何を聞くのか。作る側の想定としては好き、つまりLikeであるとかfavoriteを増やして聞いてくれればいいな、と思ってサービスを構成しているのだな、というのが見て取れます。ゆくゆくはこれがLoveになってストアとかで音楽とかグッズを単体で買ってくれればいいなと。ラジオとかやりだしてるのを見ればわかりやすいでしょうか。そのlikeへの導線として存在するのがプレイリストです。各サービスに必ず存在します。どんな気分で、とかこのアーティストが好きな人の作ったプレイリスト、とか。好みが似ているのも多そうですからね。これはある意味で正解であると思います。実際、この用途が一般的になるでしょう。

でも、皆さん、こういったサービスを使う時に何を考えました?あるいは、何をしたいと思います?個人的には、あのアーティストあるのかな、とか、これで音楽ファイルを端末にため込まずに済む、だと思うんですよ。音質どうこうは二の次三の次にしても、現在のネットワーク環境なら256kbps以上の配信なんて簡単ですからね。なんならradikoみたくHE-AACでも使って48kbpsでもいいのです、割と聞けますし。

そうなると後は音質に拘る層は勝手にハイレゾ音源でも買いあさるでしょうから、そうでも無い層をごっそり持っていこう、なんてのは環境だけでいえば比較的容易にできるようになってきた、と言えます。そして、こうした層を持っていこうとしたときに必要なもの、というのはクラウド上にある膨大なライブラリを簡単に一覧で見れて、そこから選べないな、となった時に初めてプレイリストであるとか、レコメンド機能を使うのだ、と思うのですがどうでしょうか。つまり今のサービス群に必要なものというと、図書館のような膨大な数からあるジャンル、あるアーティストを一覧でみるとかそういった機能だと思うんですがこれが非常に使いにくいです。せめてアーティスト別でこのアーティストの曲だけでずっと聞いていたい、とかいくらでもいるでしょうになぜ実装してないサービスがあるのか個人的には非常に謎です。

言ってしまえばapple musicなんかiTMSのUIの下にそのまま乗っけてしまうのが一番いいと思うんですよ。この曲はapple musicで聞けます、みたいなアイコン作ってそこから誘導して。プレイリストは別ページにでも作ればそれでいっちょあがりだと思うんですが何をどうしたらこうなるのやら。まだこれが出来るほど曲揃ってないからでしょうけど…。

現状ではとてもではないが…


こうなっちゃいますよね。あまりお勧めできるものではないです。とはいえこれからのサービスですし、アップルに至っては地図の時も最初が酷かったので、しばらくは様子見だと思います。しかしながら無料トライアル期間ですらこれほど酷な感じで評するしかなくなるほどの出来というのは…どうなんでしょうか…。ちなみにサービス終了してしまったmusic unlimitedは今上げた三つよりは個人的にはまだマシであったことを記して終わりたいと思います。アレ…続けてればよかったんじゃないの…ソニーさん。

それでは、また次の記事でお会いしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中