2015秋ヘッドホン祭Part2(Bispa編)

DSC00828

帰ってきましたいやー長かったです。どんどんこれから更新して…いけたらいいなあ。

さて今回ご紹介しますのがビスパです。写真↑はヘッドホン用のケーブルでございます。今回も新作はありましたが、メインはこれではないということです。ではどちらに。写真こちら。

DSC00829

こちらがメインだそうです。今回春で出てきたヘッドホンアンプをビルドアップして今回先行発売の運びとなっておりました。バッファ交換というポタアンはなかなか珍しいですよね。それなりのお値段するみたいですが、祭りでは特価販売していたようです。しかも通常より付属するバッファの種類を追加するというかなりの太っ腹ブリ。

…そろそろ触れる?その画面→の謎の液体。さて。どこから説明しましょうかね…そもそもビスパさんの社名、バイオスケールというらしいのですが、元は天然素材を用いた化粧水などを扱っている会社だそうで、今回はそちらの部署へ相談した結果出来たものみたいです。

製品名が…Ba医王、だそうです。医王水というのが中に入っておりましてそこから名前を取っているみたいですね。基本的にはBa医王-careという水系の液体を用いるわけですね。肌にとにかく優しく、かぶれないようにということでヘッドバンドからイヤーパッドのメンテナンスに使えるということです。シープスキンを採用するようなウルトラゾーンなどのヘッドホンを持っている方には特におススメしたいですね。装着感がかなり変わるということで、見に来た方のヘッドホンを実際に拭いて実感できるようになっていました。汚れが酷い場合にはBa医王-washを用いるみたいです。アルコール系の液体なので、どこにでも使えるというわけではないですが、この二つで大体の汚れが落とせるみたいです。一体になっている競合製品もあるんですが分かれていることによって使える部分が増えるのがこの製品の特徴ですね。

お値段は2000円前後を予定しているそうです。後日艶出し用のシリコン系を追加するそうですが、コチラも期待して良さそうです。手間はかかりますがかなり綺麗に仕上がりますね。なお数量限定で先行販売していたみたいですね。

さて実は自分はコチラ、シリコンの艶出しまでのフルセットでスマホの画面を拭かせていただきました。いやこれがまたかなり良くてですね。ムラが出ないのは勿論のこと、光の反射が素晴らしいわけです。これでコーティング機能もありますからね…。いや凄いですよこれ。試しに競合する製品と比較してみましたが仕上がりに差が出てましたね。手間のぶんだけ綺麗に仕上がると思っていただければ!

なお仕上げの際にはそれなりのクリーニングクロス等で空拭きすると良いでしょう。いやー反射を撮影したいところですがなかなか綺麗に出ませんで。長くなりましたがおススメですよー。これ。

なかなか長くなったので今回この辺で。スマホの画面吹き、ヘッドバンドメンテナンス等一つでまとまるので(液体は複数あるけど)かなりありだと思いますよー。それではまた次の記事でお会いしましょう。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中