Ba医王が届いたので使ってみた

Webshop Bispaでおなじみのビスパ様よりこの度発売されたBa医王を買いましたので早速写真レビュー及び使用レポートを上げてみたいと思います。

パッケージ及び内容物


アイキャッチでも上げておりますが、写真こちらです。

DSC00960
Ba医王のパッケージ

コチラがそのパッケージになるわけですが、今までのBispaさんの商品とは毛並みが異なる製品、ということもあってかパッケージも今まで違った印象を受けます。中身を取り出してみましょう。

DSC00961
内容物一覧。実はこのほかに更にクロスがもう一枚入っている(説明書の間にあった)

これが入っている中身になります。青いのはウエスですね。お手持ちのものでも代用が効くと思います。というか、普通のティッシュペーパーでも出来るようにしたということなので無ければティッシュでも一応大丈夫みたいですね。個別に見ていきましょう。

Ba医王-Wash

DSC00962

こちらがBa医王-Washになります。最初に使うことになるのがこれですね。皮脂汚れなどがタッチパネルに目立つ場合にこれを使います。こちらはウエス及びティッシュなどに湿らせてから使います。アルコールを含むので天然素材やヘッドホンのイヤパッドなど人肌に触れる部分を洗う場合は下のCareをお使いください。

Ba医王-Care

DSC00963

こちらがBa医王-Careです。天然素材及び皮膚に触れる部分へはこちらで洗浄することになります。washで拭いた場合でも、そのままだと誇りなどが付着しやすいので終わった後にこちらのCareでも拭くとよいでしょう。(何でもこれにちょっとあるものを入れると化粧水になるとかならないとか)大体の場合はこの二つがあれば十分。なので以上の二つだけ多目に入っています。

Ba医王-Gloss

DSC00965

こちらがBa医王-Glossです。今までの二つが洗浄を主に担当していたのに対し、こちらは主に保護を目的とした製品です。シリコンが多目に入っていますので、仕上げにどうぞ。なおコレだけ少し小さいのは、そもそもの使用量が少ないから。

それでは今度は実際に使ってみたいと思います。

 

 

使ってみた


 

それではコチラにさっきまで使ってたiPadmini4を持ってきます。このように。

DSC00966

拭かずにいるとだいたいこうなりますね。いやまあクリーニングクロスで拭けばいいんですけどね。少なくとも指紋が目立つ状態であることには変わりありません。それでは早速使っていきましょう。

まずはWashをウエスに2滴ほどたらし、iPadならもうちょい多目でもいいかもしれませんね。染み込ませてからさっと拭いてみましょう。物凄い撥水とともに一瞬で取れると思います。

DSC00969

 

このように。取れすぎてピンボケを起こしまして、明らかに部屋が汚いのがバレルという事態になりまして、以降撮影で苦労することになります。

これでも既にいいっちゃいいのですが、このままだと結構埃がつきますのでCareで拭いて行きます。実際データ確認してる間に割とついてました。

Careも基本的には2~3滴たらして湿らせてから拭く、といった形になります。そうやって拭いたのがこちら。

DSC00970

ピンボケしてたのでわかりにくかったのですが、タッチパネル右下あたりにあった指紋の跡が筋状に残っていたのがなくなっているのがわかるでしょうか。基本的にはここで終了です。この後、撥油コーティングがパズドラだのモンストだののやりすぎで切れた、という場合にはGlossを使っていくわけです。

Ba医王-Glossの使い方

ココだけ注意が要るのでちょっと大きめに。本当に1滴、何なら表面張力が働いてる部分だけウエスで吸い取るとかのごく微量で結構です、それくらいで十分すぎるほどです。これまたウエスにとって拭いて行きます。こいつを牛革製品などに使う場合は刷り込むように、テカりを確認しながらやると良いでしょう。数か月は楽に持ちます。というわけでウエスで刷り込んだのがこちら。

DSC00971

シリコンが多いので若干反射が鈍りました。これをクリーニングクロスで拭いて行けば完成なのですが、出来る限り細かいクロスで拭いてください。仕上がりが変わります。コチラなどの定評のあるクロスがあればそれでも良いでしょう。そうして仕上げたのがこちら。

DSC00974

マニュアル撮影にしたよね反射が凄すぎて。おかげでいろいろ映りこんでるけどいいことにしました…。実物は水平に見ても汚れがない、さっと拭くだけで汚れが一瞬で取れるようになる、などの素晴らしい状態でございます。

というわけで使ってみましたがどうでしたでしょうか。ホントはこれ動画レビューとかの方が良いんだろうなー、とか撮影してて痛感しました。

基本的にスマホのタッチパネルなどはwash,care,glossの三段階で並のコーティング剤よりはるかに仕上がりよく使えます。ヘッドホンのイヤパッドなどはcareを。牛革製品などはcareを使ってからglossを使うと良い感じに仕上がると思います。多用途に使えるのが良いですね。これからいろんなところに使っていこうと思います。

製品購入ページ及び詳細は以下より。

【新製品】Bispa Ba医王<バイオウ>-Set【3種類のケアクリーニング洗浄液セット】 (eイヤホンweb本店)

Ba医王製品ページ (Bispa)(予定地)

それではまた次の記事でお会いしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中