レザー調フリップ型スマホケースのジレンマ

惜しいのよアレ。

最近ありますよね、スマホケースでもレザー素材もしくは似せた感じのケース。しかも手帳型で画面もカバーできるというすぐれもの。アレが物凄く惜しいのですよ。

最近のフリップケース(もうめんどくさいからこう書く)、大体内側がTPUなんですよね。これがまた物凄くチープなんだ。だから買わないという方、結構いると思うんですよ。せっかく側がね、きれーにレザーで外側の手触りが良くてもですよ。実際使って触ってるのは

TPUケース

ですからね…保護性能はまああるにはあるんですが、だったら最初からTPUで買うよって話になるんですよね。

こうつけてる時の残念感があからさまに想像できるので故に買わない。イヤ勿論理由もわかるんですよ?

そうでもしないと保護性能がガタ落ちするんですよ。タブレットのケース見たく、全体を覆ってサイドから入れて挟む、とかになるんですけど、スマホのサイズでそれやると、下にくぐらせる生地があまり長くとれない上に、スマホの使用頻度的に落下の危険が高まるのでなかなかやりにくいと思います。確か採用それでもあるはずですけどね。たしか坂本ラヂオのGRAMASシリーズとかはそれだったはずです。あれはコストをしっかりかけてその分しっかりと値段に反映させていくブランドなのであれはあれでアリなんですが、流石に1万円超クラスのケースの話を持って一般論化させるのも無理があるので、もうちょい他のアプローチも考えてみましょう。

せっかくだから他の文句もついでに書くと、車載時に物凄く手帳型って不便なんですよ。まあ挟みにくい上、あまつさえドライブレコーダー替わりに撮影しよう…とか言い出したらもうケース一度取り外すか、ってなるわけですよ。f○○○inめんどくさいのでそんなのやりたい人いないと思うので、いくつか対策方法を。

スマホの裏にケースを貼る

これは自分がZ3cでやってるタイプのものですね。意外と外れなくていいですよ、少なくともZ3cみたいに完全フラットな場合はこのタイプのケースおススメです。ついでにそこまで高くならないし。だからと言って車載時には結局画面保護部分の表面が素晴らしく邪魔。あと機種によっては全然つかなくて意味ないじゃんってなる。

タブレット用とかを買って縦にマウントする

これは車載用マウントを弄るタイプ。車載時にウマいことしたらこれで行けないかな、と思ったら大体の場合でカメラ部分に被るので悲しみを背負うことになりかねないという厳選が必要な気の遠い作業。

縦に開閉するタイプを選ぶ

もはや絶滅危惧種ですがたまーにありますね。なんで絶滅危惧種になったかってそら―あなた使い物に(

 

こうやって見ていくと現状八方ふさがり状態になってる感じがあります。フリップケースが安臭くならずにウマいこと車載で使える未来がやってくるんでしょうか。ウマいこと出来たら記事にしてみたいもんです。

とりあえずフリップケースはもうこの際内側TPUでもいいから見える部分型紙でも貼ってレザーはっつけたようなケース出してくれれば多分買いますよ。あ、でも裏側が途中で半分に折れるとかいう中華でよくあるあれは要らないのでそこんとこは回避でオナシャス。

 

家電量販店で見るもの見るもの残念だったので思わず書いた記事。ではまた次の記事でお会いしましょう。

 

結局ケースは金かかるんだよ(身もふたもない結論)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中