seiun playerが届いたアレの続き

月曜日なっとるやないかーいとかはおいていただきまして。

いやー今の今までなにやってたかと言いますとね、こんなんしてました。

DSC00993

付属イヤホンのイヤーチップどれがええのんか…というやつですね。これ見てあれがどれで、とかわかった人は相当なアレですねアレ。

どれやねん。

 

さてちゃんとした(?)開封やっていきましょうね。今回色はゴールドを買いました。ローズゴールドにしたかったんだけどロットがどうのこうの言われてやめました。

DSC00990

今回これが外装ですね。内箱は真っ白な箱で、ロゴが見える程度でしたので、割愛します。見たい人はツイキャスの録画でも見てください、我ながら見にくいけども…。

DSC00989

これがseiunplayer本体です。ハイレゾのロゴはステッカーではなく中に塗装仕上げされております。

DSC00984

各種スイッチ欄ですね。反対になってるのは操作するときに見やすいように、でしょうな。

DSC00988

インターフェース部分。microUSBとmicroSDですね。microSDの読み込みがシビアなのか、現状付属のSDか、もしくは本体でフォーマットしたものでないと使えないというのが困りもの。どーせファームアップで直るだろ、とたかをくくっておりますので、まーそれでいいかなって。付属の16GBとか、ハイレゾを入れなきゃ割と入るしね。

これハイレゾ推しのプレイヤーだけど。

DSC00980

んでこれが付属のイヤホン。DURA。チューニングが二つあって、BassとClearity…だっけか、から選ぶのですが、Bassを選んだ「ことになってるらしい」。流石にいつだかの調査の結果とかログ見ないとわかりません。ちなみに簡便のために付属って書いたけど、実際は10ドル払うともらえるアドオンといういわばオプション品。

このイヤホン、ステム径がめちゃくちゃでかくて、多分10proとかあの辺と同じくらいあるんですよ。コンプライでいうとT-500とかあの辺のレベルですね。しかも感度といい能率といいかなり高く設定されているのでまーこれが音源によって変わるわアンプでも変わるわでカメレオン的なイヤホンなんですよ。ケース要らずの社名入りゴムバンドはいいんですけどね。さて、そろそろ音質とかの話に行きましょうかね。

プレイヤー:サイズを考えれば上等、しかしサイズがネックなのもまたしかり

このプレイヤー、操作性もまあなんとか落とし込んであってそれなりに使えるといえば使える仕様になっております。となると残るは電池もちと音質ですよね。電池持ちに関しては気にしなくてもいいと良さそう、気にせずとも延々再生し続けても減る気配は見えません。ハイレゾで12時間、mp3ファイルで24時間という公称時間はあながち間違ってないと思います。で音質ですが、悪くはないですがその公称時間とサイズでお察しの通り出力はそこまで強力な駆動力があるわけではないので、性能を発揮できるイヤホンは限られるでしょう。アコエフのイヤホンなどは比較的相性がいいのではないかなと。傾向としてはくっきりはっきり。別に悪くはないので持ち運んでバッグに入れるとか、ジョギングのともにするとか、用途としてはそんな感じで。なんかICレコーダー見たくマイクとか録音とかも使えるみたいなので、そういう用途でもいいかもしれませんね。音質向上を求めて買うのとはまた違うかな。ほら、エントリーモデルなんで。ヘッドホンを使いたい?あーまあ…鳴るけど…うん、っていう。

イヤホン:いいよーいいよーとりあえずいいよー()

なんだそりゃ、という感じですが実際いいんだから困る。音を聞くにダイナミック型なんですが、音のバランスがいいですね。Bassチューンなんで、低音強いんですけど、なんといいますか、低音がしっかりしてるとこに中高音がのっかっている感じですかね。音のなり方、バランスともかつての名機UE TF10、10proを思い出すモデルかなと。実際持ってるので聞き比べましたけど、10proの方が何なら下が伸びないので下手したらDURAの方がいい、という場合もあり得るかもしれません。そういう意味では10proより5EBの方が伝わるかもしれないですね。通じる人限られ過ぎるだろ、とかいうのは置いておきますが…。そうそう先述の通り物凄くプレイヤー側や音源によって音の出方が変わるイヤホンでして、これがまた大変なんだ…だもんで最初みたいな画像が始まるんですが最終的に、UE500の付属チップでひとまずしのいでます。finalのEタイプも注文をかけているのですが、今回の径がかなり太いので、狭くなることによって高域の定位が崩れたりするのでそこがまたネック。いつものようにとりあえずspinfitでええやろwとかが出来ないのはちょっと痛いですね。ついでにLameエンコのmp3ファイルだと音が締まらなーいとか言い出すのもこのイヤホン。

ようはすっごいめんどくさい。けどいい。

今回はちょっとSDカード部分の不具合が多かったみたいで、SDカードの無い内臓ストレージのみのポタフェス先行版をかえってほしくなる結果になっている方が少なからずいそうな気配です。ファームアップを待ちましょう…というところですかね!とりあえず今回は個人的にはイヤホンのおまけでプレイヤーがついてきた感じですw

それではまた次の記事でお会いしましょう。

 

 

広告

seiun playerが届いたアレの続き」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中