DZAT DR-05を借りてみた

まずね、これもうつけにくい。いきなり書いてしまいますけど、まあ既にもうこれ写真撮ろうと思えないくらいめんどくさいです。また提供元であるあずれのヘッドホンブログ様にご迷惑がかかりそうですスイマセン今のうちに謝っておきます。ではいこう。

シュアかけしてようやくですからねええ。それでもなんか音が遠い気がします。音そのものはなんか安いイヤホンって印象を越えないので、おそらく装着がなってないんでしょう。というわけでなかなか参考にはならないかもしれませんが、これでどう頑張ってもこれ以上ならない可能性もあるので一応書くことにしました。帯域別はあてにならない自信があるので今回無しで。

やや明るめなんですが…なんか旧来のインナーイヤーの印象そのままな感じがあります。鮮やかさがないと言いますか。低音の量はそこまでないので、低音を重視する方は選択肢からは外れるかもしれません。楽器とかは比較的良さそうな印象を受けます。高域はそれなりによさそうなのですが…如何せん音が籠ってる感が凄いのでどうにもこうにも…というところです。ところどころちゃんとつけられるならもうちょっとマシな評価になるんだろうなあ、という音が時折聞こえるのですが着かないから仕方ないね。というわけでそろそろ終わろうかと思います。全くさんこうにならないと思いますが、シュア掛けほぼ必須なのではないでしょうかねぇ。あとは誰かこれがまともにつけられる耳をお持ちの方に聞いてください…それではまた次の記事でお会いしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中