VJJB K4を借りてみた

イヤピはスピンフィットがいいですね、径的に。Eタイプも行けると思われます。やっと最後かな?ではいこう。

これ結構いいですよ。低域もしっかり出てるしクリアだし。高域が今のところやや残念感ありますけどいいですね。分離も悪くないですし。今回の中でいうとDR-10、DF-10に次ぐくらいかなあ個人的にランクつけるなら、いやZ03A忘れてたわ。ステム径が小さいので女性に渡す用でもいいですね。どんな時だそれ、とかいうのは置いておきまして。帯域別書いていきましょう。

低域:得意な音だと結構いい感じの鳴りを見せるが、他は微妙。とはいえ、相対的に微妙というだけで、並以上のレベルは維持していると言える。やや楽器は苦手かも。

中域:比較して初めてアレ?ちょっと曇ってる?というレベル。定位であったり分離はキチンとこなせているので問題ないと思われる。思うに筐体のデザイン的にこうなってるような気がするのだがアルミと木とかいう好物同士の組み合わせなので筆者的には文句が言えない()

高域:ベースラインの出来とは裏腹にこちらは微妙な域を出ないですねえ…弦楽器とかは良さげな音出てるのでてっきりいいもんだと思ってたんですがなんとなしに聞いても量もそんなでもないですからねえ。塊となって出てくるような音もないですし。VJJBのクセかなんかなんですかね。なんか惜しい。

というわけでいかがでしたでしょうか。なーんか惜しいんですよねえVJJBのイヤホン両方とも。見た目は好きなんですけどねえ…。何かが足りない。諦めて大型化してもいいのよ?と言いたくなりますねハイ。高くなるけどね…というところでまた次の記事でお会いしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中