メモ書き、Duraのイヤピセッティングについて

ソプラノチューンはspiraldotが良さげ、アコエフにあった18kHz以上での音割れが緩和されてる。ただやや低音の質が下がる。

ベースチューンはアコエフが良さげ、素性の良さと寛容性で押し切れる。spiraldot の高域の広がりがあまり生かされていないような気がするのと、ドンシャリに拍車がかかったような音になる。

メモ書きも良いとこなのでモブログで終わります。これnoteでも良かったな…

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中