VE monk+届いてたので書くよ

結局祭りの前日になって届いたとさ。祭りに持ってたらドヤれるだろwと思ってたらまあブースにふっつーにあったよね。まあさもありなん。ではいこう。

えーと。その前に自分はそんなにインナーイヤー型で音楽聞かない人間なのでご了承くださいませ。

主な入手方法は、中野のjuicebarとかでそのうち手に入るようになる(確かまだmonkが売ってある、本国では生産完了しているのでかえって貴重かも)か、aliexpressで注文するかのどちらかですね。はっきり言ってそこまで入手性は良くありません。

お値段ですが、5ドルに送料というのがaliexpress価格、中野だと1000円とかで売ってたのかな。aliさん使うと2週間とちょっと待たされるので1000円払うの割と選択肢としてアリだと思います。

で、外見ですがアイキャッチのそれと…20160507_181048.jpg

 

これ全体。何たいして変わらん?と言われてもやな…全部見せると買ったときの楽しみも減るしでやな…。(めんどくさい時のアレ)まま、どこかで見たような気がするのは仕方ないです完成されてるのですええ江江。

で、音の傾向なんですが、高域がはっきりでますね。5ドルという本体価格は一旦忘れましょう。どうせ買うんだから()monk無印からさらに高域にシフトしました。つまりアテクシの好みからは離れたことになります。

解像度と鮮やかに描き切る高音で押し切る所謂美音系っていうイヤホンに入るんですかね。ここまで来ると。

低音は下がある程度出てますが、あくまで聞こえる程度でそこまで主張するわけでもないです。アシスト程度だと思ってください。そもそもこの形状だとただでさえそこまで出るわけではないので過度な期待はしない方が良いでしょう。

代わりにボーカルはよーく聞こえます、中高音とボーカルで聞くイヤホンですね。長く聞いてられる仕上がりになってるので刺さりとかも少なそうです。

音の分離は水準以上のレベルになっていると思います、音数が増えても聞ける仕上がりになっていると言って良いのではないでしょうか。

とりあえずみんな買ってるし買おう?如何にも日本人的なノリで買おう?っていってますけどまあ実際問題結構既に買われてる方だらけなのであえてレビュー記事上げる必要性あるかわかりませんが、こねえって記事上げた手前一応上げました。皆さんはどんな感想をお持ちになられましたか?あ、これ見て買おうと思った方…いるといいんですが、もし買うのであればおススメの曲教えてください…w

それではまた次の記事でお会いしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中