T50RPmk3n用にリケーブルを頼んでみた

フォッフォッフォ。ネタは隠して置くものだよ。ではいこう。IMG_2835.JPG

今回製作を依頼したのはwebshop bispaさん。曰く今後このケーブルをCXKシリーズとしてショップには無いラインナップを置こうと言うことで、テスト的に安く出来ました。

T50RPmk3nそのものについては今言及の必要を感じない程皆様からの関心も高く人気のあるヘッドホンであると認識しております、事実過去に開封の儀を行った記事は年間でもトップレベルのアクセスを集めた記事となりまして(確かトップはAK380の関係者談とかをまとめた記事だったはず)、今回の記事も是非注目され…

るといいなあ…。

さっさと本題行ってしまいますか。傾向としては、高い解像度をそのままに、それぞれの音をより前に張り出させる傾向だと思って頂ければと思います。各帯域毎のバランスはと言いますと、やや低域が強くなった気がするかな、というところですか。ボーカルに関しては映えるということはありませんがしっかりと主張します。高域はややドンシャリめな仕上がりに聞こえるようになるかな?という程度で、結構強く出てきます。ただ超高域まで出てくるかと言うとそこまでではないです。長時間の視聴はヘッドホンの側圧的にも厳しいかと思われますが、音質だけで言うと可能な感じです。ただスッキリ、というよりはやや元気のある音になりますのでいわゆる美音系を求める場合にはもう少し他の選択肢も見てからでも遅くはないと思います。

販売などはこれからということですので、気になった方はBispa様のHPを随時チェックして頂ければと思います。チューニングとしては好みなのでこのまま使っていく予定ですね。ちなみにisai vividに直挿しする暴挙にでたら音量最大にして漸く普通になってるかな、というくらいです。案外聞けますよw

それでは次の記事でお会いしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中