Maxell RF500(借りて見た3part1)

というわけでやっていきましょうね。今回は予め視聴環境書いておきましょう。Win10PCwasapi出力fb2kよりdigi-fi付属のDACをモバイルバッテリー駆動してからのJADE-casaです。あれ?前なんか替えるって…とか聞いてた人気にしないでください(合わなかった)。まあいままでと変わってないということです。

今回のはマクセル、RF500ですね。貸していただいたあずれさんイチオシの機種ということで、今回期待してトップバッターです。さてどうなる!

ということで聞きながら書いているんですが、マクセルの機種というと自分はDD500を持っていますが、これはこれでまた違った性格を持ったイヤホンですね。RF500確かに勧めるのもわかりますねー。中域が結構フォーカスされたイヤホンということになりますかね。値段帯を考えるとこれはこれでありだと思います。最近のイヤホンだとどうにもこうにも低音にフォーカスしたイヤホンになりがちなのですが、確かにそれらは素晴らしいイヤホンではありましたが、一方でバランスが明らかに破綻しているものもありました。(別にそれが全て悪だとは言いませんが。)このイヤホンでは主に中域にフォーカスをあてて高域と低域を作りこんだイヤホン、というのが個人的な感想。アタック音とかもきっちりこなしてくるので、元の出来の良さはありますね。ただこれ以上の伸びしろは無いだろうなあというのが正直なところ。音は出てますが、音の立体感というか定位はあまり感じませんね。このあたりはBA型等には負けるかなというところ。あくまでデフォルトの状態でお楽しみ下さいというイヤホンですね。音源によっては少しはありますが、なんか逆に値段帯を感じる音でしたねえ。ハイレゾ音源を聞かなければ音のバランスは良いのでオススメ出来ると思います。この値段帯の国産イヤホンは基本的にそんな感じになっちゃいますねー。良いとされるイヤホンほど割りきった作りになっているなーというのがここ最近の私見です。

装着感の良さは流石の一言ですね。長時間つけてても違和感が皆無です。この辺りはかなりの時間をかけて作られているのではないかと。

ただねえ…なんだろうねえどうにもこうにも音がいいのはわかるんですが漂うチープ感はなんでしょうねえ…。これがなければもうちょっと推せると思うんですけどねえ…。

というところでこんなかんじで。なんといいますかシャオミハイブリを思い出しますね。80点台後半感。それではまた次の記事でお会いしましょう。いやー悪くはないんですよ良いんですよただ最後のがなあ…なんともなあ…。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中