DQSM D2002(借りてみた3Part2)前半

 

順番どうなってんねん言われたら適当に手にとった順と答えます。さてドンドン行こう。なんかこれ2万するらしいぞおいマジかよ思いながら聞いていきましょうね。

で、これフィルター交換出来るシリーズらしいんですよ。というわけで都合この記事では多分3機種分一気にやっていくわけですうへぇ。ですがこのイヤホン良いですねえ…1D2BAという最近のハイブリイヤホンにありがちな構成ですがやはり受けはいいんですな、実際のところもいい感じです。あってるんでしょう。やや入手しづらい感じはありますが、相当ものは良いですね。貸していただいたあずれさんとこの外観及びレビュー記事は以下より。早めに出しておきました。

DQSM D2002[D2]が届きました♪(開封写真、初視聴の感想など) (あずれのヘッドホンブログ)

ハイブリッド型+3種類のフィルター+リケーブル対応で色々と遊べる♪ DQSM D2002[D2] レビュー(音の変化、使用感など) (あずれのヘッドホンブログ)

いやーTwitterしながら延々聞いてるんですがジャズナンバーがこれだけしっかり鳴ってくれると非常に好印象ですねー。中華イヤホンでこれだけ鳴ってくれるのか…というところです。相当弄くり回したくなりますね!イヤホンをいくつか処分して欲しくなりました。今日は延々これを聞いて寝ることになりそうです。見た目からして金属の塊感が凄いんですが、実際の音もいかにもオーディオやってますッて感じの音ですね。コレ分かるかなー…リケーブルして音が太くなったなあとかいう、いかにもちょっと手持ちのイヤホンを少し弄った後みたいな音がしますがそれがデフォルトだというね。で結構長時間も聞けるのでこれいいですねー。このあとLZ-A3sもきくんですが、既にこの値段帯としてはかなりハードル上げてきてる感じあります。それではフィルター別いってみましょう。

 

白色フィルター


リファレンス仕様のフィルターですね。さっきからずーーーっと聞いてるフィルターがこちらになるわけですが…良いですね。今のところ特に文句が無いです。あるとするならちょーっと銅線感が強すぎるくらいで基本的に文句無いです。これクーポン使うと16kでしたっけ?マジで?!ってなりますね…俺オーグPTにGND銅線が好きなんだけど、とかいうそういうスーパー贅沢なこと言い出さない限りこれでいいやと思いますね。いやどうだろ…言い出せばもう少し分離がほしいなとかはありますがハイブリでそれはかなり厳しいので、まあいいことにしましょう!久々に3時間くらいずっとつけてられるイヤホンですねー。これが何よりの高評価としてもいいと思います。基本的には上から下まではっきり聞こえますね。やや上の主張が少なめですが、主旋律を張る分には十分です。ボーカルにせよ打ち込みにせよ必要にして十分な音が出てますね。イヤピは差し替えを推奨しますが、馬鹿でかいステムなのでイヤピは限られると思います。入手性さえ良くなれば人気爆発する可能性ありますね。一番近いのなんでしょうねえ…案外T50RPmk3nとかあのへんをイヤホンにした感じですかねえー。銅線でリケーブルするとこんな音だなーって感じだと思って頂ければ。

 

よし!長いのと白だけ延々聞きすぎたから記事を分ける!というわけでまさかの2パート構成でいきましょうハイ。ではまた次の記事でお会いしましょう。いやーいいなあこれ

(8/28 あまりに適当なまま出したので加筆修正)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中