DQSM D2002(借りてみた3Part2)後半

というわけで後半書いていきます。緑色のフィルタと黒のフィルタですね。さっさと書いていきましょうね。

どっちかしか無いわけですが、まずは緑色のフィルターからいきましょう。

 

緑フィルター


緑なんですが、your eyes more gonna のドンシャリ。コレ書いてるの深夜3時なんで勘弁してください。ただこのイヤホン的にはこちらの方が自然な鳴り方をしてる気がします。何も押さえてないというか。調整無しの素の音ッて感じ。ダイナミック型とBA担当がくっきり分かれてるかって言うとそうでも無いんですけどね。おもっきり中域どこいった状態。あるけど他の主張が強すぎる感じです。低音強化だったかなこれ。それでもまー2時間楽勝でつけてられます。地味にA3sもう聞いたんだけどあっちは30分くらいだったなあ。さてどう書きましょうかね。Twitterではちょっと書いてますけどね。このフィルターに関してはたまーに気分転換につけてみると面白いかなーと言うところ。ちょっと楽器が隠れ気味になるのが惜しいです。そういうフィルタだし、と言えばそれまでですが。んでこのイヤホンに関して何故か解像度足りない感あるのはなんでしょこれ。と思ったらこれDAPだわ手を抜いてiphoneSEですまそうとしたらなんかおかしいと思ったらコレだよ皆さん手抜きは飽きませんよ()というわけで上流でもそれなりに変わります。ついでにボーカル聞かせたい曲とかも流石に厳しいかも。ま、でしょうね感はあると思いますが。あ、3時間突破したわ()次いきましょう。

 

黒フィルター


最後高域強化フィルターである黒ですね。因みに出荷状態ではこれがついてるそうです。やや刺さりますね。ちょっと聞きにくいものがあります。多分BAの邪魔をせずに低音の量を減らす方向で作るとこうなるんだと思います。解像度あるような感じはありますが途中で明らかに変な音になったりしてます。因みにフィルター外した状態におそらくいちばん近いのがこれ。耳が慣れればなんとかなりますけど、危ない気がするwボーカルは一番聞けるかなーと思いますが。んで、よく見てみたらこれフィルターって言うけどほとんど耳垢ガードの意味合いしか無いのねこれwフィルター用のパーツに後ろから光当てるとわかりますけど他は色々細工してあるんですけど(写真撮ると所有欲が失せるから載せないけど)このフィルターだけはほぼなんも無しで光が透過するんですよね。そら高域出るわなあ。因みに白と緑は結構にてました。どーしても見たい方はTwitterで探してください。個人的にはこれは別にそこまででもないかなあ。

 

というわけで書いてみましたがどうでしょう。個人的なオススメ順で言うと白≧緑>黒の順番ですかね。奇しくもレビュー順になってしまいました。緑と白は人によって逆転するかもしれません。俺とか別に緑でいいじゃんとか言い出しますけどね低音ちょうどいいくらいだけどたまに他の邪魔するのが残念なくらいで。とりあえずさっさと皆さん日本に持ってきたら良いと思いますよ結構良いと思いますよこれ。お値段それなりにしますのでやはりそう簡単には手を出せないと思いますが、MMCXケーブルでそれなりのイヤホンを一つ欲しいという方にはウチのブログとしては推せますね。にしても緑の方が抑えて無い気がしたのに黒だと結構暴れてたのは面白いですねー。ココらへんに技術力がありそうですね。というわけで次は何にしましょうかねえ。A3sもう聞いたんですけどね。あれは後回しにしておこうかなと思っております。たまに焦らすということをやってみたいわけです。他の人とだいたい同じことをいいそうですけどねwそれではまた次の記事でお会いしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中