OSTRY KC06A(借りてみた3part7)

OSTRY連発。

というわけでKC06Aでございます。

お値段が国内価格で1万円前後と、好みで選ぶレベルのイヤホンの値段帯になってきておりますがさてどうでしょうか。見ていきましょう。

低音じゃなくてむしろ中高域とかを改良したモデルなんですかね。低音の量もう少し増やしてくれればなあという感じはすごくしますが。

個人的にはEDM特化モデルですね。低音少ないのはどうせイコライザで増やすんだろお前らって思ってるからだと思うことにしました。帯域別いきましょう。

低域ですが、書いたとおり量が少ないです。質は値段帯の割には及第点というところ。改善するならここと分離かも。

ボーカルですがでてないことは無いですむしろ良さ気。やや量を絞ってる節がありますがイヤピによると思います。ここは好みによるかも。

高域は明らかに標準のイヤピだと量が減ってるので換装推奨。自分はいつものアコエフですがかなりかわりました。質そのものはいいです。いかにも少し高いダイナミック型って感じの鳴りですねー。バランスは良いです。

このイヤホン、ただほへー…っときいてそれで終わるんですよねえ。意識が他に行くというか。長く聞けもするけどいやーいいなあ…と思って聞いてるわけじゃなくて気づいたら時間たってたという感じ。へーいいですねーハイ次。みたいな。ある意味音に集中しなくて作業に集中出来て良いのかもしれませんが。デザインで選ぶ人はいるんでしょうか…うーんどうだろう。目立つっちゃ目立ちますけどね。単体で見れば。ただこのケーブルはどうだろう。

というわけでなんとも歯切れの悪い感じですがこんな感じで。値段帯のハードルが上がってるんだなーというのを痛感しますね。明らかにかつての1ランク上の機種と勝負出来るようなイヤホンでないと推せなくなってきたというのがあります。その中でも売れるとなると2ランクくらい上と勝負するような感じです。いやー最近の底上げが凄い。このイヤホン自体も値段をつけるだけの音にはなっていると思いますが多分オンキョーの今売れてるモデルとかあのへんと比べると…という感じですかね。

それではまた次の記事でお会いしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中