MASSIMO MAQRAについてもう少し

前回の記事でちょっとだけ取り上げたんだけどね?それなりのお値段するものを雑に扱うわけにもいかないのでキチンと一つの記事にして行こうと思うわけですよ。それではやっていきましょう。

取説を丸パクリしてもアレなんで要点をさらっと述べるにとどめますが、この枕の特徴は立体裁断を応用したことによるその明らかに他とは違う形状にあります。睡眠時の寝返りというのは睡眠時の血流を循環させるために一度の睡眠につき数回は必要とされており、この枕は寝返りにしやすくする点にフォーカスを当てた枕です。この枕の形状は単に他の枕との差別化ということではなく、寝返り時の体に掛かる負担を少しでも軽減出来るようにこの形状になったということです。

 

なんか寝苦しい時は抱き枕にしろって書いてるぞ


いやもうそのまんまなんですけどね。頭や肩の位置によって複数の姿勢が取れるように設計されているとのことで、試しにマクラのいろんなところに頭を置いてみたんですけどこのウレタンが丁度よく反発してくれるので何処に置いても負担を軽減してくれました。これまた取説を読んでみますと体調により求める高さや柔らかさは変わってくるのでこの枕はスイートスポットが複数あるからその時々に合わせた寝方が出来る…とか書いてます。だきまくら以外はやってみた気がします、確かに寝れそうですハイ。

 

冷却枕との併用例もばっちり記載済


おそらく頭を置くところとして認識されるであろう中央部分に汎用品冷却枕を置くことで枕から冷却枕が逃げず、頭からも外れないのでいいぞ…とこれまた取説に書いてます。これはやらなくてもわかる確かに外れそうにないです。明らかに高低差もありますし。

 

で、実際どうなのよ


まずはデフォルトの時点で個人的にはやや頭を置く位置が高すぎるのと、購入直後の匂いがやや強いことが上げられます。恐らく抗菌の関係ですがこれは仕様のようです。人体に影響はない、とは書いてますがそれにしても気になる。まーほっときゃそのうち消えるみたいですけどね。問題は高さ調節出来ると書いてはいるけどこれ以上さがらないっぽいということですね。一応高さを測ってみたところ8cm程度ありましたのでいくらある程度凹むと行ってもさいしょのウチは慣れない人が出てくるかもしれません。逆にこの高さは横向きで寝る場合にはかなり丁度良い感じになります。最もこの場合は側面に頭を載せることになるのですが。なおその場合中央の空間はそこに耳をおけば痛くないですよということですね。なんとこの枕マッシモカット(そう呼んでるんだなこの真ん中の空間を)に鼻を合わせることでうつ伏せでも寝れる!…らしいのですが、ほれ…匂いが…ね…ということでまだやってないです。なんかうつ伏せも健康に良いとかなんとかどっかでニュースになってましたねものは言いようだろとかそのへんは置いときまして。

これめっちゃ寝れる。

 

めっちゃ寝すぎてアラームがいる。

 

 

 

以上だ。

また次の記事でお会いしましょう。次この枕の記事書く時は耐久性とかの話になるかなあ。

忘れてた肝心の商品リンクは以下より。

MASSIMO MAQRA (マッシーモ マキュラ) マルチスリーピングピロー 自由な寝方が出来る革新的な枕

(Amazon.co.jp)

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中