HLSX MaGaosi K1 Sanhooをもう少し真面目に

長いから適当な略称誰か教えてくだされ。どっかに書いてそうな気はするけども。で、思ったよりも出来がよろしいので以前にそもそも音質に関連した部分を書いていなかったのでいい加減書きましょうということで。では始めましょう。

まずは写真を撮りましょう。コレがないことには始まらない。

IMG_3287.JPG

というわけで写真がこちら、イヤピだけいつものにしてますが、他は純正そのもの。これをiPhoneSEだったりDAPだったりに直挿すとすでに結構いい音するんですよ。フィルターはなんだか使ってたら最初についてたシルバーで落ち着いてしまいました。解像度等で言えば正直D2等他の2BA+1DDなハイブリッドイヤホンが有利だったりする場合もありますが、時折かなり強烈なインパクトを残す音が出てくるんですよね、いやはや気に入りました。もう少し欲を言えば高域があとちょっと延びてほしいなどはありますが長く聞いてられるイヤホンに仕上がっていると言えそうです。

最近の鳴らしている環境は以前と少し変わりまして、ラズパイをDACにしてJade casaで鳴らしているのは変わっていないのですが、ラズパイのディストリが変わりまして、最近ではRuneaudioからMoode3に変更しております。また、PCで出す場合にアップサンプリングをかけて出していたのですがこれをやめ、Moode3側でSoxの32/384のアップサンプリングをかけて出力するようにしました。なんとなくですがほんと雰囲気的には好みはこちらかな、くらいの変化はありました。

現環境においては低音が強く、やや浮いた感じになりますが音を非常に拾いやすく、どこに何が鳴っているのか非常に分かりやすい環境になっています。なんなら主旋律にかぶったような音も拾ってくれますのでDTM用途にももしかしたら使えるかもしれません。自分はやらないので憶測ですが…。

これくらいにしておきますかね。もしもう少しあるいは長々聞きたいことなどありましたら是非コメント欄かもしくはTwitterでよろしくお願いします。HCKさんとこでこのイヤホン用にMMCXケーブルがセールかかって安くなったので届いたらそれつけてまた記事書くと思います。多分。

それではまた次の記事でおあいしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中