music maker tk12

前の記事見て環境説明とかはそこに書いたから()

音漏れはしますよ。穴、開いてるしね。

このイヤホン素直なイヤホンですねー…ってのが第一印象。オールラウンドプレーヤーってやつですな。

ただその印象で止まりますな、これすげえよマジで…ってなるにはほかのハイエンドを聞きすぎたっていう罪深いアカウントはこちらです。

開放なのでDAPを考慮しませんが…これなんていうかなあLZ-A4には手を出せないけど癖のないイヤホンが欲しいって言ったらこれはアリだなと言っていいでしょう。メロディラインの裏をとろうとするとやや苦労するであるとか低音の鳴らし方に癖がある(特定の帯域だけやたらきっちり鳴る)とかはありますが個体差の可能性もありますしここら辺はイヤーピースでどうにでもなるでしょうね。というわけで純正だとこんな感じ。

アコエフイヤピだと低域が元気になりますね、クルマのフロントガラスの油膜取りをした感じです。高域はそこまで変わらないかなー、ややボーカルが近くなります。うーんこのイヤホンも換装推奨。値段帯的に仕方ないかなー…こっちだと裏のコーラスとかも聞けるようになりますね。

ただ何かに特化した感じではないので解像度に物足りなさを感じるときがあるのが惜しいといいつつもこの状態であればハイエンドに目を向けなれば他が気にならないぐらいのクオリティには仕上がってると言っていいでしょう。オーディオ好きが好む見た目にも鳴ってるしね。一応ほかの曲も何曲かパッと聞いてみましたがメロディラインを追いかけるには十分でした、もっと聞きやすいモデルもありますがやってやれないことはないでしょう。

というわけでこんな感じで。いやー思ったよりは良かったけどこの上あるよなあって感じの音でした。上位に食い込めそうかなあーくらいの…なんというの個人的な感想で言えば準々決勝あたりまではよく見る顔ぶれ的なそんな立ち位置のイヤホンだと考えてもらえれば。

ではまた次の記事でお会いしましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中